喰っちゃあいかんのか?PARTU





釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?PARTU」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !



2019年08月28日

7月後半の下ノ加江産マゴチの造り

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (14).jpg 7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (1).jpg

"喰っちゃあいかんのか?" へようこそ!

今日の食材は 「マゴチ」です。
マゴチはスズキ目コチ科コチ属の魚。

さあ、またまた マゴチです。
だって、釣れるんですもの。

もちろん、これは努力のたまものじゃ。
お金を出して魚を買うことしか知らない人にはわかるまい。

ここは高知県西部ですが、高知だからって魚が釣れまくるわけではありませぬ。
ただ、様々な可能性を秘めているということ。

で、今回は百均のメタルジグで釣獲しましたよ。
この、百均のメタルジグは釣れます。

何と言いましょうか?
「このメタルジグでも釣れる。」ではなく、「このメタルジグが釣れる。」

そんな感じですね。

だいたい、鉛の塊に塗装を施しただけのシロモノに1000円近いお金なんて出したくないですよね?

100均のメタルジグと1000円のメタルジグを比較した場合、1000円のメタルジグが10倍釣れるのか?って話ですよ。

10倍は大げさにしても、2倍釣れるのか?って話ですよ。

100均のメタルジグは、塗装が甘いのとフック及びスプリットリングがチャチなだけで、他は何の問題もない?

ということで、100均のメタルジグで釣れたマゴチです。

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (1).jpg

今日は普通にお刺身にしますよ。

何?芸がないじゃと?
そりゃ、おいらは芸人じゃないからね。

へ?ちょっと違う?

文句があるヤツは、おいらの口座に1000万円でも振込むがよい。
「貧乏人に、1000万円振り込んでやったぜ!」ってスカッとするよっ!

どうだい?やってみるかい?

はい、まな板の上のマゴチちゃん。
大きさはどれくらいかな?

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (2).jpg

ん〜とね、50cmちょいかな?
前回より少し小さい。

ま、サイズを気にするヤツはまだまだだね。
釣り人的に心にゆとりがない証拠さ。

さあ、今回は特別に口元のアップ画像を見せてあげよう!

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (3).jpg

ヒラメとかに比べると大した口ではない気がする。

しかし、一応フィッシュイーターなんだな。
無論、甲殻類なんかも食べるんでしょうけどね。

もう一つ、マゴチのさりげなトゲを見せてあげよう。
おいら優しい♪

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (4).JPG

ね、さり気でしょう?
たまに、油断すると刺さるのよ。

では、いつものようにまずはウロコ落としましょう。

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (5).jpg

その後、頭落として、内臓を抜いて、お腹の中をキレイにしましょう!

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (6).jpg

へ?過程の画像が見たいじゃと?

そんなものは無いっ!
元々、撮影忘れだったのかもしれん。

記憶にございませんっ!

だって、この記事って2016年の内容なんだぞ。

周回遅れどころの騒ぎではござらんっ!
ふんっ!

いいじゃないですか、大阪府警なんて捜査書類173件放置して証拠品50点紛失してるんですよ?

それに比べりゃおいらの放置なんて可愛いもんです。
何?謝罪しろ?

ごっ、こめんなちゃぅぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
んごっ!

ふう・・・、全力で謝ったぞ。
これで許しちくれる?

へ?いいから先へ進め?
あいわかった。

さあ、三枚におろしていきましょう!

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (7).jpg 7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (8).jpg

その後、皮を引きます。

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (9).jpg

マゴチの身肉の形状からして、エッジ部分の皮は残りがちだ。
しかし、そんなもの後からフォローすれはいいだけさ。

細かいことは気にしないことだ。

この当時は、マゴチの骨の走り方を正確に把握できていなかったので、身肉に残る骨を必死で取り除いていたな。

まあ、割り切って骨の当たる部分は加熱調理に使うという手もある。

マゴチのアラはこちら。

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (10).jpg

このマゴチのアラは、塩水に1時間程度漬け込み・・・・・

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (11).jpg

水気を切ってバター焼き。

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (13).jpg

身肉は薄めに切りつけて、完成じゃ!

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (14).jpg

それでは早速・・・・・
いっただっきもぁ〜す!

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・・・

んまいっ!

ヒラメは当たり外れがあるが、マゴチは安定している気がする。
思い込みかもしれませんがね。

ちなみに釣獲後、24時間程度経過しています。
基本、淡白な味わい。

荒めの大根おろしに、ポン酢をかけたモノを乗せて頂いてみる。

7月後半の下ノ加江産マゴチの造り.jpg

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・・・

・・・・んまい・・・。
よく合うね。

ちなみに、ポン酢などは当然自作さ。
そんな大げさなものではなく、醤油と酢を2対1で合せ若干塩を加えて柑橘系を絞るだけ。

ただそれだけさ。
個人的に市販のポン酢は香料臭いから嫌いなんだな。

おっと、バター焼きを忘れていましたね。
頂いてみましょう!

7月後半の下ノ加江産マゴチの造りJPG (13).jpg

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・・・
んまいっ!

塩分濃度にもよるでしょうが、ご飯が欲しくなる味わい。
とってもおいちい♡

コショウなどの香辛料の付加は好みだね。
臭みがあーだこーだという問題ではなく、風味の問題だ。

ああ、 マゴチっておいちいお魚だなん。

ウキッ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。


日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。


おいらの”釣行記”と”喰っちゃあいかんのか?”はこちら。
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活?? 喰っちゃあいかんのか?
その他
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門


  スポンサードリンク




【喰っちゃあいかのか?:フエダイの最新記事】
posted by 釣キチちゃん at 09:28 | Comment(0) | 喰っちゃあいかのか?:フエダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする