喰っちゃあいかんのか?PARTU





釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?PARTU」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !



2014年12月22日

ニセタカサゴの刺身

ニセタカサゴの刺身 (27).jpg ニセタカサゴの刺身 (3).jpg

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「ニセタカサゴ」です。
ニセタカサゴはスズキ目 タカサゴ科の魚。

さあ、今回はタカサゴ・・・・・
と思っていたら、よく調べてみると、ニセタカサゴみたい。

イマイチ良く分からない。
何でも、体の線と側線が重なっているのがニセタカサゴらしい。

画像を確認してみるが、側線がよく分からない。
若干のピンボケじゃ。

ま、やや黒っぽいスジが側線だとすれば、この魚はニセタカサゴだろう。
と、いう事で今日はニセタカサゴですっ!

本当は、”たっかっさっごやぁ〜♪”っとやりたかんだ。
でも、ニセだったんでやめとく。

えらいべ?

今回のニセタカサゴは、4月の後半に大月町の道の駅で発見したもの。

こんただ魚初めてだぁ〜
って事で購入。

ニセタカサゴの刺身 (1).jpg

商品名は・・・空欄。

い、いや、生食用って書いてある。
そうか、ここ大月町では”生食用”って名前なんだ!

紛らわしいなぁ。

「おいっ、生食用釣れたけど出荷する?」

「何の生食用だよ?」

「だから、生食用だ!」

「おっ!生食用か?」

「鮮度のいい生食用だから生食用で店頭に出せるぞ」

「そうか、生食用の生食用か?」

おっほう〜♪

無論、冗談だ。

そのお値段、100円。
サイズ的にもこんなもんじゃない?

ニセタカサゴの刺身 (2).jpg

と、いうより安いんじゃない?

安くなくない?
安くなくなくない?

楽天の某ショップでは、唐揚げ用で2匹315円(税込324円)。
インンドネシア産。

無論、送料も取られる。
”クール便でお届けします”とのこと。

クール代300円、送料は地域によるが・・・・
北海道:2160円、沖縄:2376円、四国:400円。

なんだ?この価格差は?
配送はヤマト運輸か、日本郵政。

手元のゆうパックの料金表では、60サイズで沖縄:1230円、北海道:1340円。
持ち込み割引なら、100円引いてくれる。

140サイズなら、北海道:2160円、沖縄:2060円。
それでも沖縄は、まだこれより高い。

この楽天の業者は、高知県の業者。
おいらの料金表も高知県発の料金表だ。

おかしくない?
ま、購入商品にもよるか?

法人契約なら少しは安くなるハズ。
実際に四国内配送料金は安い。

売る気が無い?
324円の商品を2300円とかの送料払って買うか?

”1万円以上のお買い上げで送料無料”

そうか、単価アップにつなげるんだ。
気軽に安い商品を買うお客には興味が無いんだね。

まあ、提示は明確だから、いいと言えばいいんだが。
なんだかなぁ。

魚介類のネット販売の闇だな。

いかんっ。
横道にそれた。

話を戻そう・・・

へ?もういい?
そんな事言わずにぃ〜

さて、この魚、完全に南方系の魚と思い込んでいたが、その分布は相模湾以南の太平洋岸らしい。

ほう、一般的な小売りで見かけないのは量が獲れないからか?
沖縄にでも行かなければ喰えない魚と思っていた。

ま、タカサゴではなく、ニセタカサゴなんだが、沖縄なんかでは混同しているらしから同じようなもんだろう。

さあ、それでは早速・・・・
観察しましょうかね?

ね?

ね?

ね?

ね〜♪ねねね〜♪ねねねねねね〜♪ね〜ねね〜ね〜♪ねねねねね〜ね〜♪

ふふん ♡

はい、全体像。

ニセタカサゴの刺身 (3).jpg

はい、顔。
すましたツラしやがって。

ニセタカサゴの刺身 (4).jpg

はい、口。
びにょっと飛び出します。

ニセタカサゴの刺身 (5).jpg

はい、背鰭。

ニセタカサゴの刺身 (10).jpg

はい、尾鰭。

ニセタカサゴの刺身 (9).jpg

はい、尻鰭。

ニセタカサゴの刺身 (8).jpg

はい、腹鰭。

ニセタカサゴの刺身 (7).jpg

はい、胸鰭。

ニセタカサゴの刺身 (6).jpg

さあ、今回は特別にぃ〜
上から ♡

ニセタカサゴの刺身 (11).jpg

下から ♡
いやんっ♪

ニセタカサゴの刺身 (12).jpg

はい、エラ。

ニセタカサゴの刺身 (13).jpg

もうっ、今日は・・とっ♡ くっ♡ べっ♡ つっ♡
うっふん ♡

お楽しみ頂けましたか?

さあ、まずはウロコを落とそう。

ニセタカサゴの刺身 (14).jpg

そして、頭を落とす。

ニセタカサゴの刺身 (15).jpg

鮮魚には、もれなく内臓が詰まっております。

ニセタカサゴの刺身 (16).jpg

内臓を取り除こう。

ニセタカサゴの刺身 (20).jpg ニセタカサゴの刺身 (19).jpg

周辺に付いてるのは精巣か?

中には、大きな空間があります。
浮き袋か?

ニセタカサゴの刺身 (18).jpg ニセタカサゴの刺身 (17).jpg

3枚におろしていきます。

ニセタカサゴの刺身 (21).jpg ニセタカサゴの刺身 (22).jpg

鮮度は良さげだね。
腹骨をすきますよ。

ニセタカサゴの刺身 (23).jpg

体側の骨は抜いてみた。

ニセタカサゴの刺身 (24).jpg

で、皮を引きます。
表面の白っぽい部分は脂肪かな?

ニセタカサゴの刺身 (25).jpg

切りつけて完成!

ニセタカサゴの刺身 (27).jpg

さあ、それでは早速・・・・・
いっただっきもぁ〜すっ!

もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・
んまいっ!

なんだろう?
アジに似た感じかな。

なかなかおいちい。
体側の骨を抜けは、肉量もそこそこだし。

これで100円なら言う事無しだね。

アラは吸い物にしてみた。
で、庭に生えてる三つ葉を入れてみた。

ニセタカサゴの刺身 (26).jpg ニセタカサゴの刺身 (28).jpg

んまいよ。

ウキッ!


刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。

本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円〜なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!


日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。


リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!
そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!

アフィリエイトならリンクシェア

  スポンサードリンク




posted by 釣キチちゃん at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 喰っちゃあいかんのか?:タカサゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする