晩秋のマゴチの皮付の造り: 喰っちゃあいかんのか?PARTU





釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?PARTU」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !



2016年07月22日

晩秋のマゴチの皮付の造り

晩秋のマゴチの皮付の造り (21).jpg 晩秋のマゴチの皮付の造り (2).jpg

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「マゴチ」です。
マゴチはスズキ目コチ科のお魚。

最近になってちょこちょこ登場するマゴチ
それはね、釣れるから。

少し前まで釣れなかったのに。
腕を上げたな、ぼくちん。

さあ、今回のマゴチは晩秋の河口で釣獲しました。
今回も釣れない釣りを展開していた。

ううぅ・・・釣れにゃい。
こんな時は、気分転換に大き目のルアーをかっ飛ばそう!

晩秋のマゴチの皮付の造り (3).jpg

そのれんぐす175mm。
でかい・・というより長い。

さっそくキャスト。
おらおら、喰えるもんなら喰ってみろ!ああ?

ガンガンガンッ!!

おおっと、何か掛った。
やったぞなもし。

このマゴチ、なかなか良く引く。
引くというより、よく暴れる。

水面から上がる直前はより激しい。
ブラックバスなんぞの比ではない。

その激しい抵抗を何とか阻止し、無事にネットイン。
やったね。

晩秋のマゴチの皮付の造り (1).jpg 晩秋のマゴチの皮付の造り (2).jpg

この独特のフォルムが特別感があってよい。

ちなみに、顔回りはつるんとしてそうで実はトゲがある。
素手で触る時は注意しよう。

そんな大げさな・・・・って、油断した時に限って流血。
ウキッ!!

命取られる訳ではありませぬが、時に流血までは行く。
すると、場合によって調理できなくなる。

「か、代わりに捌いて・・・・・」

「いやだ、そんな魚捌き方わからん。」

「だ、だって流血してるし・・・・・」

「そんなん知らん、明日塩焼きにでもしたら?」

「きっ、きさまぁ!!!」

となり、時に殺人事件へと・・・・・

「動機はなんだったんだ?」

「あ、あいつがマゴチを捌くのを拒否ったから・・・」

「たったそれだけの事で殺したのか?自分で捌けばいいじゃないか!!」

「い、いや、私はマゴチのトゲで流血してたんです」

「そ、そうか・・・それで・・・・」

「それなのに、あいつは・・・うううぅ・・」

「何か言われたんだな?」

「塩焼きにでもすればって・・・」

「何?生食できる魚を塩焼きに?それはひどいな・・・」

「私は生食したかったんです、そ、それを・・うううぅ」

「よしっ!今回は不起訴だ、釈放〜」

「やったぁ〜!!」

「最後に一言言ってもいいか?」

「何ですか?」

「塩焼きも旨いらしいぞっ ♡ 」

「んごっ?」

こうして、マゴチ流血殺人事件は幕を閉じたのであった。

おしまい・・・・・

な、訳がなかろう?
さあ、先へ進もう。

まな板の上のマゴチちゃん。
なかなか太いでしょう?

晩秋のマゴチの皮付の造り (4).jpg 晩秋のマゴチの皮付の造り (5).jpg

まずはウロコを落とそう。

晩秋のマゴチの皮付の造り (7).jpg

この側線部分のウロコは非常に落ちにくい。

晩秋のマゴチの皮付の造り (8).jpg

包丁でこそいだり、骨抜きで抜いたりしてます。

そこまでしなくても、どうせ皮は捨てる・・・・
なぁ〜んてことは今回はしませぬ。

だって、皮付での生食だもん。
もんもんっ♪

だから、ウロコは丁寧に処理するのら。
意地でも残さんっ!

はい、完了。

晩秋のマゴチの皮付の造り (9).jpg

頭を落とし・・・・・

晩秋のマゴチの皮付の造り (10).jpg

内臓を抜き、キレイに洗います。

晩秋のマゴチの皮付の造り (11).jpg 晩秋のマゴチの皮付の造り (12).jpg

3枚におろし・・・

晩秋のマゴチの皮付の造り (13).jpg

腹骨をすき・・・・

晩秋のマゴチの皮付の造り (14).jpg

骨抜きで抜ける骨を抜きます。

晩秋のマゴチの皮付の造り (15).jpg

ほい、準備完了。

晩秋のマゴチの皮付の造り (16).jpg

今日の皮目の加熱手段はバーナーです。
ホームセンターとかで売ってる。

晩秋のマゴチの皮付の造り (17).jpg

炙った後、冷水にどぼんっ。

晩秋のマゴチの皮付の造り (18).jpg

キッチンペーパーなどで水気を切ります。
丁寧に行いましょう。

晩秋のマゴチの皮付の造り (19).jpg

はい、サク取り完了。

晩秋のマゴチの皮付の造り (20).jpg

そして切り付け。
あまりに切れない包丁だと、皮目を制覇出来ないぞ。

さあ、完成しましたよ。

晩秋のマゴチの皮付の造り (21).jpg

見た目にもコントラストがあっていい感じ?
何?気のせい?

それではさっそく・・・・・
いっただっきもぁ〜す!

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・
ふんふん、おいちい。

単に刺身より、アクセントがあって良い。
そして、若干の香ばしさも付加される。

マゴチって、あれだね。
数回喰った限りでは、生食でも何かひと手間加えた方が良い感じだね。

んごっ!



刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。

本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円〜なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!


日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。


おいらの”釣行記”と”喰っちゃあいかんのか?”はこちら。
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活?? 喰っちゃあいかんのか?
その他
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門
【喰っちゃあいかのか?:マゴチの最新記事】
posted by 釣キチちゃん at 12:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 喰っちゃあいかのか?:マゴチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは初めまして。
実はかなり以前から拝見しているこのブログのファンでございます(^^)
私もマゴチはあっさりしすぎていると思うので生食なら、今回のように炙ってみたり薄造りでポン酢やカルパッチョなど一手間加えた方が美味しいと思います!
今後もブログ楽しみにしています(^-^)/
Posted by ゆう at 2016年07月22日 15:00
ゆうさん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
マゴチは高級魚で美味って評価が多く、さぞかし旨いんだろうと思い込んでおりました。
実際に入手し食してみると、かなりタンパクな味わいでした。
魚の状態によるもかもと思いながらも今回で4回目の登場。
そして、同意見のコメント。
やはり、ひと手間加えた方が楽しめそうですね。
今後もご閲覧の程よろしくお願い致します。
ご意見ございましたら、いつでもコメントくださいませ。
Posted by 釣キチちゃん at 2016年07月22日 16:27
初めまして、いぜんからよく見せてもらってます。そろそろマゴチのシーズンですね。マゴチは薄造りをモミジオロシポン酢でよばれるとたまりません。うまいですね。
来週末は大阪湾の端でマゴチ狙いに行ってきます。
Posted by dadashu at 2016年07月23日 21:55
dadashuさん、こんばんわ。
今朝、さっそくマゴチ釣りました。
もみじおろしポン酢ですか。
いいかもしれませんね。
季節的にダイコンが高くつきそう?
安価で入手できたらやってみます。
マゴチ釣り頑張ってください。
私は今回ダイソーのメタルジグで釣りました。
Posted by 釣キチちゃん at 2016年07月23日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック