チャイロマルハタのマヨネーズ焼き: 喰っちゃあいかんのか?PARTU





釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?PARTU」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !



2016年12月25日

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (5).jpg チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (1).jpg

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「チャイロマルハタ」です。
チャイロマルハタはスズキ目ハタ科のお魚。

高知に来るまでは見たことなかったハタ。
汽水域を好むのか、ここ高知県西部では松田川の河口で時折釣れる。

大きくなると80cmを超えるらしい。
が、そんな大きなの釣った事無いね。

さあ、今回の獲物は年末に宿毛周辺で釣獲したもの。
その時、おいらはカサゴを狙っていた。

ちょっとね、釣れる場所を発見したもんで集中的に釣獲を試みたんだな。
一般的に、乱獲と言えなくも無い事もないような事も言えなくも無いかな?

そんな中、釣れて来たのが今回のチャイロマルハタ

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (1).jpg

丸々と太った感じではないね。
こういうものなのか?たまたま痩せた個体なのか?

よく分かりませんな。
ちなみに、その時の釣果はこんな感じさ。

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (2).jpg

さて、持ち帰って処理開始だ。
たくさん釣ったら、たくさんの処理が待っている。

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (3).jpg

んほっ。
はい、大き目な個体はこちら。

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (4).jpg

ウロコを緻密に取り除いたらイマイチな見てくれになった。
ちなみに、内臓やエラはツボ抜きしています。

さあ、体側に切れ目を入れよう。

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (6).jpg

で、塩/コショウを施します。
しばし放置しよう。

ま、その時の画像が無いんですがね。
そして、その後切れ目にマヨネーズを塗り込んで魚焼きグリルで焼く。

このマヨネーズに一味トウガラシや豆板醤を混ぜ込んでもいいだろう。

さて、焼けましたよん。
飾りが無いから色気がありません・・・・

チャイロマルハタのマヨネーズ焼き (5).jpg

いつもの事さ。

さあ、それではさっそく頂きましょう!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・

ふんふん、まあおいちいね。

ただ、ハタって旨いもんだという思い込みがあったのだが・・・
劇的に旨いという事も無いね。

痩せてるせいか?脂っ気がありませんね。

やはり、マヨネーズで脂を付加したのは正解だった。
焦がし気味で焼けば香ばしさも出る。

今度はもっと大きな個体を喰ってみたいね。

んごっ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。

本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円〜なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!


日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。


おいらの”釣行記”と”喰っちゃあいかんのか?”はこちら。
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活?? 喰っちゃあいかんのか?
その他
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門
【喰っちゃあいかのか?:ハタの最新記事】
posted by 釣キチちゃん at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 喰っちゃあいかのか?:ハタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック