喰っちゃあいかんのか?:ツバメウオ: 喰っちゃあいかんのか?PARTU





  

釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?PARTU」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !




2015年11月17日

ツバメウオの刺身

ツバメウオの刺身 (2).jpg ツバメウオの刺身 (1).jpg

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「ツバメウオ」です。
ツバメウオはスズキ目スズキ目 マンジュウダイ科 ツバメウオ属の魚。

季節は晩秋。
いつものように?大月町の道の駅を物色。

何やらヘンテコな魚を発見。
なんじゃこりゃ?

よく見れば・・・・
ツバメウオではないか。

図鑑でみる事はあってっも、食用として店頭で目撃するとは。

こりゃあ買わねばなるまい?
そんな事ない?

で、でも高かったらどうぴよう・・・
して、値段は?

おっ・・高いのか安いのか・・・
350円なり。

マクドナルドのハッピーセットより安かろう?
あのハッピーセットのおもちゃってガラクタだよね。

数か月も持たないかも。
使い捨ての世の中の象徴みたいなもんか?

おもちゃでガキ釣って、ジャンクフードを喰わせる。
それがマクドナルド。

メリケンの食習慣が健康的とは思えんが、それには触れない。
親も楽できるから、時間をお金で買う訳だね。

それが良いとか、悪いとか言う話は出来ないと言えば出来ないが、そういう事なんだよね。

と、言う事でさっそく購入。
なかなかでかいぞ。

ツバメウオの刺身 (1).jpg

どうだろう?
1.5kgくらいはあろうか。

対応できる発砲トレーが無かったのか、ラップでグルグル巻きだった。
さあ、それでは観察しましょう!

するのっ!!

はいっ、顔。
何とも言えない顔立ちですな。

ツバメウオの刺身 (4).jpg

はいっ、背鰭。

ツバメウオの刺身 (6).jpg

はいっ、尾鰭。

ツバメウオの刺身 (7).jpg

はいっ、尻鰭。

ツバメウオの刺身 (8).jpg

はいっ、腹鰭。

ツバメウオの刺身 (9).jpg

広げるとこんな感じ。

ツバメウオの刺身 (10).jpg

はいっ、胸鰭。

ツバメウオの刺身 (5).jpg

はいっ、口。
もっと大きく開けてみろ!

ツバメウオの刺身 (11).jpg

あら?全体像撮るの忘れた・・・・
ウロコ取った後で勘弁でござる。

ツバメウオの刺身 (12).jpg

楽しかったかい?
楽しかったね♪

何よっ!!
楽しかったって言いなさいよっ!

さて、頭を落しましょう。
おりゃっ。

ツバメウオの刺身 (13).jpg

うううっ・・何だこの流血は。
嫌な予感がしますな。

ツバメウオの刺身 (14).jpg

少なくとも、血抜きはされていない。
恐らく、〆られてもいない。

頭側もこんな感じ。
血まみれだ。

ツバメウオの刺身 (15).jpg

ちと匂う。
外した時のイスズミ系というか、傷んだメジナの内臓系というか・・・

とりあえず、キレイに洗ってみた。

ツバメウオの刺身 (16).jpg

で、2枚におろします。

ツバメウオの刺身 (18).jpg

身肉の様子はこんな感じ。

ツバメウオの刺身 (17).jpg

複数個所、血がにじんでいます。

ところで、このツバメウオ、いつものようには包丁が入りません。

なんか突っかかる部分があるんですな。

鰭の付け根付近の骨にコブがあります。
これに包丁の刃が引っ掛かって包丁が止まります。

ツバメウオの刺身 (19).jpg

少しだけ捌きにくい。

はい、骨だけになりました。
頭の上部分が特徴的です。

ツバメウオの刺身 (20).jpg

腹骨をすき取りましょう。

ツバメウオの刺身 (21).jpg

で、幅があるからまずは体側の骨を取り除きます。

ツバメウオの刺身 (22).jpg

そして、皮を引く。

ツバメウオの刺身 (23).jpg

ヒラメのようにエンガワがあります。

後は適当に切りつけて完成!
切りつけると少し透明感がありますな。

ツバメウオの刺身 (2).jpg

さて、さっそく頂きますかね。
そ、それでは・・・・

もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・
うっ・・うっ・・・うっ・・・

うっ・・うっ・・・

うっ・・

うぅ〜〜〜〜〜うぅ〜〜〜〜〜

臭うぜ。

鼻腔を抜けるガスのような香り。
内臓のニオイがそのまま身肉に移った感じだ。

歯応えはそんなに無い。
鮮度の問題か?

して、エンガワ部分どうかな?
もんぐもんぐ・・・

んむぅ〜・・あっさりしている。
ヒラメや大型ヒラスズキの縁側部分とは全く違う。

脂っ気の無い、あっさりした味わいに内臓が香ります。

いかんな、これは根本的に処理の問題だろう。
〆る事も無く、血抜きする事もなく・・・

温度管理はどうだったのか?
不明だ。

今まで、ニザダイやイスズミは外したこと無いけど、外すとこんな感じなんだろう。

そんな位置付けの魚だ。

しかし、旬の問題もあるし状態の良いものを入手しないと正しく評価は出来ないな。

今回は失敗?だ。

そして、悪あがきしてみた。
腹身とか塩焼きにしてみたぞ。

ツバメウオの刺身 (3).jpg

さあ、ダメ押しの逸品。
頂きますっ!!

もんぐもんぐ・・・あうっ!!
ぬぅぉっ、ふんぬぅっ。

いがん、ごりゃぁいがん。

んごっ!


刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。

本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円〜なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!


日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。


リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!
そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!

アフィリエイトならリンクシェア

  スポンサードリンク




posted by 釣キチちゃん at 18:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 喰っちゃあいかんのか?:ツバメウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする